ほうれい線や肌の問題は美容液やニキビ石鹸を|肌ケア法実践隊

化粧品

にきび石鹸の使い方

にきびの予防について

美容

にきびは青春の象徴と呼ぶひともいますが、大人になってからもできます。にきびができる原因は様々ですが、日ごろのお手入れと食生活が大きく影響してきます。お手入れとしては洗顔などで肌をきれいに保つことを意味します。正しい洗顔方法をマスターすることも重要です。まずはぬるま湯で顔を洗います。次ににきび用石鹸を泡立てます。石鹸の顆粒そのままで洗顔すると肌を傷つけてしまうので、よく泡立てることが大事です。泡を顔に付けてやさしく洗います。ゴシゴシこすりつけるのではなく、優しく洗うことが重要です。ゴシゴシこすると毛穴を広げることになってしまい、にきび跡の原因にもなります。石鹸の後は泡をきれいに流し、石鹸のすすぎ残しがないように何度も洗います。

洗顔後のケア

またにきびを予防するにあたって、洗顔後のケアも重要です。コットンを使って化粧水を肌に塗布します。これは女性に限らず男性でも有効です。何もつけないと毛穴が開く原因となり、肌がきたなく見える原因となります。またニキビは顔に限らず体中の至るところにできます。特に顔の次に多いのが背中やデコルテです。こちらも洗顔と同じように、にきび用石鹸を使ってきれいに洗いきちんと洗い流すことが大切です。できてしまったニキビケアも重要で、放っておくとクレーター状態のニキビ跡ができてしまいますので、早めににきび用の石鹸で対策を行なっていきましょう。無添加で肌に優しいものや、多く入っていて価格がお得なものが数多く販売されているので、自分の肌に合うものを探していきましょう。